らふえる,株式会社らふえる,訪問看護ステーション

ケアマネージャーとは

介護保険において、デイサービスや訪問介護などを受ける時に、その窓口となって介護サービスの 計画を作り、相談にのってくれるケアマネージャーはとても大きな存在です。

より良い生活を過ごすために、良いケアマネージャーと出会うことも重要になってきます。

では、そのケアマネージャーとは一体どのような人なのでしょうか。

ケアマネージャー(=介護支援専門員)は、ケアマネと呼ばれることも多く、一口で言うと、介護の サポーターになります。
介護保険で要支援・要介護になった人が、適切なサービスを受けることができるように、ケアプラ ン(介護サービス計画)を作る専門職のことです。 訪問介護やデイサービスなどの利用の相談を行って、業者の手配や申込み手続き、介護サービス の調整・管理を行うのが主な役割です。

 

1.要介護者の課題分析とサービスとニーズの把握

介護が必要となった方は、ほとんどの場合、従来通り自宅で不自由なく暮らしたいもの。
そのためには、何ができて何ができないか、その原因を把握することが重要です。

  • どうして介護が必要な状態になったのか
  • 今までどのような生活をしていたのか
  • これからどのように暮らしていきたいのか
  • 家族はどのように関わることができるのか
  • 近所付き合いはどうだったのか
  • 家族との関係はどうだったのか

ケアマネジャーは、こうしたことを要介護者本人やその家族に確認しながら、今後の生活を一 緒に考えてくれます。
このステップを踏むことで、初めてケアプランの作成に着手することができます。

 

2.ケアプラン(介護サービス計画)の作成

ケアプランとは、どういう介護サービスをどの程度利用するかを決めた計画書のこと。
要介護度別に1カ月に利用できるサービスの上限額が決まっているので、要介護者の心身の 状態や家族の事情に合ったプランを作ることが大切です。

ケアマネージャーとは

ケアマネジャーは在宅介護のパートナー

在宅介護を円滑に行ううえで、非常に大きな役割を担うケアマネジャーですが、最大の役割は「要介護者やその家族と介護のプロを繋ぐ」こと。
「どんなサービスがあるのかわからない」
「どんなサービスが適しているのかわからない」といった初歩的な悩みから、
「どうすればサービスが受けられるのかわからない」
「サービスを受けるのにいくらかかるかわからない」といったサービス導入にあたっての悩み、
「どうすればより良い介護が行えるかを知りたい」といった一歩進んだ疑問まで、幅広く対応してくれるケアマネジャーは、まさに在宅介護のパートナー。

良いケアマネジャーを見つけることは、良い介護を行うために欠かせない条件です。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 029-842-9236 受付:8:30~17:30 月~金

PAGETOP
Copyright © らふえる訪問看護ステーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & P-webⅡ Theme by Pleasure-inc . technology